どうすればいいの?住宅ローンの組み方

定番のフラット35を知っておこう

住宅ローンを利用するときに多くの人が選択しているのがフラット35です。これは全期間固定型のローンで住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して行っています。金利は金融機関により上下するのが一般的で大体1%から2%です。
メリットはかなり多く資金を受け取ったときから返済するまで金利が固定化されます。これにより返済中の市場金利の上昇によって負担が多くなるリスクを回避できるのが強みです。また質の高い住宅取得をすることにより金利を下げてもらえるのもメリットと言えるでしょう。
例えば省エネルギー化を行うバリアフリー化を行うことによって返済リスクを少なくなる、住宅の使い勝手も良くなる理想的なサービスです。保証料や繰り上げ返済手数料もないので安心といえます。

ダブルフラットで将来の負担を軽減可能

2つのフラットプランを組み合わせるものにダブルフラットがあります。これは15年以上で20年以下の借入期間を選択したときに適用される仕組みです。一般的に人気のあるフラット35と比べると金利負担が少なくなっているのが特徴と言えます。
基本的に21年以上の借入期間を選択できないので期間内に返済できる見込みのある人におすすめです。借入対象となる住宅ですが一戸建ての場合は70平方センチメートル以上の物件、マンションなどの場合は30平方センチメートル以上の物件となっています。
2つの借入合計金額は200万円以上で8000万円未満が対象です。1つの借入金額の下限は100万円双方の借入金額が異なっても適用されます。