どれぐらいかかるの?住宅購入にかかる税金とは!

印紙税が発生してしまう

理想の住まいを購入するときは住宅の購入金額だけでなくローン金利もかかります。他にも税金が発生するので、これから住宅購入をするのなら知っておくといいでしょう。
印紙税は住宅の売買契約書やローン契約をする時に必要な金額です。契約書に発生する税金なので必ず必要となっています。収入印紙は契約書に貼って提出するのが一般的です。
どれくらいの金額がかかるのかというと契約書に記載された金額により変動します。例えば1万円未満だと非課税、1万円から10万円以下だと200円かかるのが特徴です。
50万円超から100万円以下だとローン契約書で1000円、工事請負契約書で400円となっています。記載金額のないものは200円の支払が義務付けられているので知っておくとよいです。

他に登録免許税や不動産所得税もある

他の税金だと消費税で税額は建物の代金×税率が必要です。登録免許税は土地や建物だと固定資産税評価額×所定の税率、抵当権の場合は債権額×所定の税率となっています。特例として床面積が50平方センチメートル以上の住宅登記をするとき、要件を満たすと税率の軽減をしてくれるのが特徴です。
不動産所得は不動産物件を取得した時に支払う税金で固定資産税評価額×税率の金額を支払います。こちらも特例として税率軽減が用意されいているのでうまく使ってみるといいでしょう。特例を受けられる条件は新築住宅だと床面積が50平方センチメートル以上240平方センチメートル以下の物件です。中古住宅も同様ですが自己の住居に利用すること、建築基準法を満たしていることが条件となっています。